【遺産相続コラム】①借地権、底地権について

【借地権】とは・・・

借地権とは、第三者から土地を借りることで地代を支払い、借りた土地の上に建物を建てることができる権利で、土地を借りている借地人を借地権者と呼びます。

借地権には【”民法上の”借地権】【”借地借家法に基づく”借地権】が在り、【”民法上の”借地権】とは、建物所有を目的としない土地の賃貸借で、建築物等の資材置き場や月極の駐車場などが該当し、”民法”が適用されます。もう一方【”借地借家法に基づく”借地権】の種類は多岐にわたりますが、【地上権】【土地の賃貸借】が一般的に知られています。

借地権のメリットは、所有権を得るよりも安価なケースが多い、土地の固定資産税・都市計画税がかからない、”借地権付き建物”として将来的に権利を売却することも可能であること。

借地権のデメリットは、地代の値上げや契約更新の際に発生する更新料などのコストがかかること、借地権取得後に生じた名義変更や建物の建替えを希望する際には、地主様に承諾を得ることが必要となること。

【底地権】とは・・・

賃借権や地上権などの権利がついている土地のことを【底地】といい、地主様が土地を貸している状態のことを【底地権】といいます。

地主様側にとっては借地+底地で【所有権】となり、借地権がついていることで権利関係が複雑に入り組み、また様々な権利が制限されることでトラブルも少なくありません。